原点回帰は必要

アクセスカウンタ

zoom RSS 『STRIPPED』ザ・ローリング・ストーンズ

<<   作成日時 : 2015/11/16 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

95年11月にリリースされたストーンズの『STRIPPED』。ヴードゥー・ラウンジ・ツアーの頃に録音された、いわゆるアンプラグド・アルバム(一部例外あり)。ライヴ録音とスタジオ録音が混在している。実はこのアルバムの存在、ずっと後になってから知った。発売当時(もう20年前です)、話題になりましたっけ?アンプラグドのブームから3年くらい遅れてるよね。

ストーンズのアルバムで個人的に押さえているのは66年『アフター・マス』から74年の『イッツ・オンリー・ロックンロール』あたりまでが多い。それ以外の時期の代表的な曲はライヴやベスト盤でもちろん知っているのだが。(あ、今のところ最新スタジオ録音の『ア・ビガー・バン』は買ってある。)それではイカンと思い、ちょっと興味を持って聴いてみたところ、意外に悪くない。というか、かなりイイ。やっぱりストーンズは偉大だなあ。

ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」をカバーしているとか、アメリカでのデビュー曲「ノット・フェイド・アウェイ」、「サティスファクション」のB面だった「クモとハエ」といったマニアックな選曲、人気の「悲しみのアンジー」(通なファンからは不評)とか、日本のスタジオで録音された曲が数曲あるとか、注目すべき点は多い。しかし何よりも、ストーンズにしか出せない音、ストーンズのグルーヴに満ちあふれていることが最大の魅力だ。これ以上、何を求めよう。まだコレを聴いたことのないストーンズ・ファン、ロック・ファンの皆様にオススメ!

アンプラグドを謳いながら、アンプラグドであることをそれほど感じさせないサウンド。いつものストーンズ同様、大音量で、是非。今見たら、アマゾンでの評判もいいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『STRIPPED』ザ・ローリング・ストーンズ 原点回帰は必要/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる