原点回帰は必要

アクセスカウンタ

zoom RSS 「探偵の探偵」を観てみた

<<   作成日時 : 2015/07/25 09:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

北川景子がハードアクションに挑戦した「探偵の探偵」。意欲は買うが、ちょっと微妙。「リスクの神様」みたいなリアリティはない。かといってぶっ飛んだ設定でもなく、中途半端。作り物感満載。それでいて、コイツもコイツもみんな秘密がありますよ〜という思わせぶりが鼻につく。バイオレンス描写が韓国ドラマそっくり。原作を読んでいないのでなんとも言えないが、「こんなのあり得ない」「なぜわざわざこんなまわりくどいことをする?」の連続で疲れる。
とりあえず次回で一応の決着がつくみたいなので、そこまでは観るけれど、その後はわからない。
ところで、ユースケ・サンタマリアは良くも悪くも、イヤ〜な役者になったよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「探偵の探偵」を観てみた 原点回帰は必要/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる